高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

体験談

アメリカ大学野球留学 栗谷 俊輝

野球留学で自分の思い描いた以上のことを実現させる

自分が知らない世界がそこには広がっていた

自分は、高校の監督の提案で、アメリカの大学へ野球留学の道があると知りました。その後、1部の大学野球セレクションツアーに参加し、1週間アメリカでの生活を体験しました。その時、会話をするための英語力や人との輪を広げるためのコミュニケーション能力、そしてアメリカで活躍するための野球の技術など成長しなければならないことが沢山あることに気付きました。

また、たった1週間でしたが、自分が知らない世界がそこには広がっていました。日本の大学で学生生活を送るよりも、アメリカの大学に行く方がより自分を成長させることが出来ると思い、アメリカの大学へ野球留学をすることを決めました。

Toshiaki Kuriya

周りに同じ道を目指す仲間がいたから、最後まで続けることが出来た

10月から英語がスタートし、本格的には1月からNSAAでの英語授業が始まりました。自分が想像していた以上にTOEFLは難しく、毎日勉強することも辛かったです。しかし、行きたい大学があり、周りの皆が自分の成長以上に成長していくのを見て、「どのようにしたらより成長出来るのか、自分には何が必要なのか」を考えるようになりました。その結果、自分で目標・計画・対策を立てる重要性をとても感じました。元々勉強することが嫌いなので、「つらい キツい めんどくさい」という感情は常にあったけど、周りに同じ道を目指す仲間がいたから、最後まで続けることが出来たと思います。

Toshiaki Kuriya

自分にしか出来ない経験をし、たくさんの人との輪を広げたい!

1番の目標はドラフト指名されメジャーリーグへ挑戦しそこで結果を残すことです。そのために必要な、大学での勉強の成績と野球の個人成績にはとことん貪欲でありたいと思います。また、留学した人しか得れない経験や出来ないことがあると思います。

しかしそれは自分で挑戦しないといけません。なので色々なことに挑戦し、また自分にしか出来ない経験し、たくさんの人との輪を広げられる大学生活にしていきます。口で言うことは誰でも出来るからこそ、自分の思い描いた以上のことを実現させたいと思います。そして大学生活を終えて帰ってきた時、留学をさせてくれた両親に「自分を留学させて良かったな」と思わせられる人間になりたいと思います。 


栗谷 俊輝
カリフォルニア州Canada College 進学
アメリカ大学野球留学

関連記事