高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

体験談

アメリカ大学野球留学 福田 哲平

世界を相手に戦う選手をサポートしたい

セレクションツアーで人生が動き出した

大学野球留学へ行こうと決心したのは、クラブチームの先輩がアメリカのプロ独立リーグへ入団したことから、アメリカの野球に興味を持ち始めました。「やっぱり実際に体験したい!」と思っていたところ、野球のセレクションツアーを見つけ、「これは良いチャンスだ!」と思い、両親に話したところ、勧めてくれたことがきっかけで僕の人生が大きく動き始めました。

はじめはアメリカ人選手の体の大きさに驚きました。同い年とは思えないくらいにがっちりとした体つきをした選手が多かったためです(笑)。もちろんパワーはありましたが、細かな技術は日本の高校野球の方が高いような気もしました。僕はキャッチャーなのですが、受けていてアメリカ人選手は球がとても重いと感じていました。また、動く球が主体なので、捕るだけで初めは精一杯でした。ここは意外だったのですが、雰囲気がとてもラフでした。試合中に選手がコーチや審判と気軽に話していたり、ガムやひまわりの種を食べたりしています。余計なプレッシャーを感じずに、のびのびとプレーをすることができ、こんな環境でぜひやってみたいと思い始めました。

Teppei Fukuda

日本と違う当たり前が逆に良かった

セレクションツアー中は、午前中に英語の授業がありました。先生がとても明るい方だったので、毎日楽しく授業をしてもらい、アメリカのお金の使い方、スラング、野球用語など実用的ですぐに使えるものだらけだったので、その日の午後に実際に使ってみて、通じたときの感動は忘れません!また、野球の時にチームメイトと会話をするときは、相手が何と言ってるか分かりませんでした。それでも何度も聞きなおしてやっと理解するという状態でした。逆にこれが良かったです。会話ができないもどかしさから英語学習へのモチベーションが上がったと思います。

滞在したホストファミリーが毎日おいしいご飯を作ってくれたので、毎日幸せでした。やはりアメリカはピザやハンバーガーがおいしいです。さらにファストフード店では、ドリンクが飲み放題なので最高です。このような環境だと、自分で制限しなければすぐに太ってしまいます。私はこのツアー一週間で体重が3キロ増えました。気をつけましょう(笑)

Teppei Fukuda

TOEFL30点から60点へ

大学では、4番キャッチャーを目指して頑張りたいと思います。現在、大学入学前に、サマーリーグに参加しています。サマーリーグは、これからアメリカでプレーするための良い練習になっています。チームメイトやコーチとのコミュニケーションの取り方、野球用語の英語での言い方など、毎日たくさんのことを学んでいます。特に私はキャッチャーなので、指示をしたり、ピッチャーと話したり、コーチから指示を受けたりと、コミュニケーションがより必要になります。このサマーリーグの経験を活かして、大学で目標を達成できるように頑張ります。

アメリカ留学をすることを決めてからの7か月間は、今までの人生の中で一番勉強した時期だったと思います。TOEFLを通して、「自分はできる」という自信を持つことができました。TOEFLを30点から60点まで上げることができ、頑張って良かったこと、そして継続的に勉強をする環境がNSAAにはあり、周りも一緒に留学する仲間で、毎日楽しく、ハードに勉強ができました。

Teppei Fukuda

文武両道でスポーツメンタルコーチを目指す

私の夢はスポーツメンタルコーチとして、世界で活躍するアスリートをサポートすることです。大学では、心理学を専攻するつもりです。なぜなら私の夢はスポーツメンタルコーチになることだからです。そして、野球だけにならないようGPA4.0を目指し、奨学金をもらって4年制大学へ編入できるように頑張っていこうと思います。スポーツメンタルコーチの正式な資格は、今のところ日本にもアメリカにもありません。しかし、近々アメリカのスポーツ心理学会が明確な基準を設けて資格を発行するそうです。これを得るためには長い道のりが待っています。一流選手を支えるためには、自分も一流にならなければいけないと思います。将来、世界を相手に戦う選手をサポートできるように頑張っていこうと思います。

やってみたいと思ったらトライしてみることが大切だと思います!やってみると意外とできることがたくさんあります。共にアメリカで頑張りましょう!


福田 哲平
Citrus College進学
アメリカ大学野球留学

関連記事