高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

体験談

アメリカ大学野球留学 山田 大晴

アメリカの高いレベルの大学で野球をすること

ハードだったけど、野球が楽しいと感じた

僕が人生で最初にアメリカに行ったのが中学三年生の冬の時でした。その時はウィンターリーグという約一カ月間のプロのトライアウトリーグに参加しました。この時感じたのが日本人にはない身体能力の高さやメンタルの強さです。そして、アメリカでは野球を楽しいと感じることができました。

このウィンターリーグをきっかけにアメリカに行って野球をしたいという思いを持ち始めました。そして、英語の勉強は当然、野球をしながらプロにアピールでき、そして自分の専攻分野を学ぶことができるアメリカの大学へ行くことを決意しました。

Taisei Yamada

自分も負けずに勉強していきたい

しかし、英語の勉強はとても難しく、勉強しても全く成果が出ないため、最初は諦めていました。同じく英語の勉強をしている同じくNSAA英語で勉強している仲間たちは、点数を上げいるを目の当たりにして、自分も負けずに勉強していきたいと思い、そこから2ヶ月間一気に英語の勉強にスイッチが入りました。

今の僕の目標は、『アメリカの高いレベルの大学で野球をすること』です。この目標に到達するためにも今の英語の勉強だけでなく、野球の練習でしっかり個人能力レベルを上げていき、アメリカの大学野球で活躍していくために、一生懸命がんばりたいと思います。


山田 大晴
カリフォルニア州College of the Desert進学
アメリカ大学野球留学

関連記事