2020年

アメリカ大学野球留学 太刀岡 蓮

野球と勉強の両立し、メジャーリーガーになる

夢を叶えるためにアメリカで勝負する

私は小さい頃にメジャーリーグを見て、彼らのようなプレーに憧れて野球を始めました。今も変わらずあのMLBの舞台でプレーしたいと思っています。その夢を叶えるためにアメリカで勝負することを決めました。シーズンを通して、コロラドロッキーズのスカウトの方に声をかけていただいたり、現役のメジャーリーガーの方の話を聞き、活躍次第で本当に夢舞台に届くことをアメリカに来て、今さらに実感しています。野球人生悔いの残らない終わり方をしたいと高校を卒業してから毎日思っていたので、日々あの夢舞台に向かって挑戦し続けたいと思います。

もっと英語を話せるように頑張りたい

渡米までの国内にいる間は、NSAA英語に参加し、TOEFLで必要となる4技能の勉強と、英語に必要となる単語や文法などの基礎の部分を一緒に勉強をしていきました。入学時期が11月だったので、英語の勉強や野球の練習をバランスよくやっていき、渡米前にTOEFLで54点をとることが出来ました。

アメリカに来た当初は英語を聞くことですら困っていましたが、半年が経ちほとんど聞き取ることができるようになり、友達とのコミュニケーションも問題なくできるようになってきました。しかし、まだ、聞き取れない部分であったりとか質問に対するちゃんとした受け答えができない時があるのでそれが課題です。また、初対面の人やなまりのある英語はまだまだ聞き取るのができていないのでこれも課題です。また、LとRの発音が難しく今でも苦戦しています。英語でコミュニケーションを取る時はリスニングだけではなく、相手の聞き取りやすいように発音することを心がけて生活しています。大変ですが、もっと英語を話せるように頑張りたいと思います。

野球と勉強の両立し、メジャーリーガーになる

私の目標は、メジャーリーガーになることです。なので、来シーズンこそ打率3割後半、盗塁数リーグトップ、ホームランも打ち、リーグに名前が残せるくらいの活躍をしたいです。もし、四年制の大学に行く場合は全額奨学金をもらい、野球の強いところに進学したいです。そのためにもGPA(学業成績)を4段階で3.9~4.0をキープできるように野球と勉強の両立を心がけていきたいと思います。

野球人生終了後、今、大学の課題以外に経済とソフトウェア開発を勉強しているので、アメリカで発達しているこの二つに重点を置き、たくさん学び、たくさん吸収したいと思います。いつか野球には終わりは来るので、終わった時何も残っていないというふうにならないためにも、日々成長していきたいと思います。


太刀岡 蓮
アイオワ州 Indian Hills College 進学
アメリカ大学野球留学

関連記事