日本とは季節が真逆の南半球のニュージーランドは新日家が多く、日本人留学生にとってはとても過ごしやすい環境と言えるでしょう。なかでもラグビーは最強軍団「オールブラックス」を筆頭に、国民の生活の一部と化しており、ラグビー部に所属していることが名誉といっても過言ではありません。治安が良く日本と時差もさほどないため、人気留学先の一つです。

ニュージーランドの大学では、部活動はどちらかというとサークルのような位置付けになりますので、ニュージーランドでプレイする場合、大学に所属しながら、部活ではなくクラブチームに所属してプレイするのが一般的です。

国が厳選した8つの大学

ニュージーランドには私立の学校はほとんどなく、国立大学が8つのみです。これは国が重んじる「量より質」の考えが根付いており、その設備や内容も優れており、全ての大学で国際的に有利な資格を取得する事ができるのです。さらに大学世界ランキング100位県内に入るオークランド大学を筆頭に、全ての大学が500以内に入るほど、日本の名門大学にもひけをとらないレベルなのです。

多彩な留学パターン

アメリカとは異なり運動部がない大学もあるため、地域のクラブチームでプレーすることがほとんどです。そのため、学部入学に必要な英語力がなくても、付属の英語学校に所属していればプレーはできます。したがって「留学の最終目標」をどこに設定するかにより、留学期間も取得する学位レベルも変わってきます。

現地就労の可能性大

ニュージーランドは移民の受入れに積極的で、外国人雇用率は世界の中でも非常に高いです。四年制大学の卒業資格であれば、最長3年間どの雇用主の下でも就労できる条件を得ることができます。

奨学金・編入システム

 

ニュージーランドの大学の種類

  2年制大学 4年制大学
私立

ジュニアカレッジ

日本の短大と似た生活を持つ。寮などの施設も完備されている伝統ある大学が多く、少人数制でしっかりと勉強を見てくれるサポート体制もあり。4年制大学に編入する学生も多数。

リベラルアーツ・カレッジ

1クラスの人数が15人前後と少ない上、教授は研究よりも教えることに力を注いでいます。主に一般教養を学ぶ場所です。

公立

コミュニティーカレッジ

地域密着型の大学。留学生にとっては入学しやすく授業料もジュニアカレッジや4年制大学に比べると格段に安いのが特徴。日本人の多くが進学しています。

総合大学

内部はカレッジとユニバーシティーの2つに分かれている。ユニバーシティーは博士号まで備えており、多彩な専攻分野を提供。カレッジは比較的小規模で学部生と大学院教育に重点を置いています。

 

日|NZの費用比較

      
     
大学
     
合計内訳
入学金授業料寮・食費施設使用その他
日本の大学
(自宅外)
私立K大2,480,000200,000860,0001,200,000190,00030,000
私立K大2,440,000200,000960,0001,200,00050,00030,000
NZ
2年制大学
民間運営2,830,00001,280,0001,200,00050,000300,000
NZ
4年制大学
国立大学3,550,00001,950,0001,200,000100,000300,000
総合大学3,250,00002,400,000650,000100,000100,000

※金額は円換算で統一しています。

入学に必要なTOEFLスコアの目安

2年制大学4年制大学大学院
TOEFL iBT
インターネット
利用試験
61 – 7879 – 100101 – 120
TOEFL PBT
紙上試験
450 – 540541 – 605605 – 677
IETLS133 – 210平均6.0以上平均6.5以上

渡航から帰国まで

Local schedule NZ

※NZの大学は、入学から3年で卒業。ただし入学する前に、日本の高校卒業時の学生はファウンデーションコースに通う必要あり。
※理系は4年以上のコースになる場合あり。