高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

体験談

アメリカ大学野球留学 山田 航大

今よりも強い自分になれるように頑張ります

アメリカを直接肌で感じてみたい

私が中学生の時に、初めてアメリカの自由でパワフルでものすごく熱い野球を目にして、いつかアメリカでプレーをしてみたいと思ったのがきっかけです。アメリカで野球をしたいと思い始めてからアメリカや海外に興味をもち、アメリカや海外の映画やドラマを見るようになり、そこで目にした日本とは違った生活感やアメリカンジョーク、友達や人との接し方について直接肌で感じて見たいという思いを感じ、アメリカへの思いがより強くなり、野球留学に挑戦することを決めました。

Kodai Yamada

勉強に対しての取り組み方を知ることができた

10月からNSAA英語で勉強を始め英語に取り組んできました。この英語の勉強をしていく中で、自分の英語に取り組む姿勢や勉強量に対しての弱さやあまさをとても感じました。私は1月末に肘の手術を行い勉強から離れてしまった時期がありました。術後、英語により力を入れて取り組んでいかなければならないのに英語が全くわからず、勉強に取り組む姿勢を失ってしまい勉強量も満足に行っていませんでした。

この最初の期間は、自分の弱さが全面に出て、自分の弱さやあまさを知りました。留学後の自分を考えた時、頭の中は不安要素しかありませんでした。でもそれは全て自分のせいです。そこから、留学先で楽しく充実したいい留学生活をおくる為に、会話のフレーズを増やしたり、課題に取り組んで英語力を少しでも上げられるように頑張りました。大学留学前にNSAAでの勉強を通して、自分の弱さやあまさ、そして勉強に対しての取り組み方を知ることができたのはとても自分にとってプラスになったと思います。

Kodai Yamada

今よりも強い自分になれるように頑張って行こうと思います

野球面での最終目標はメジャーリーグで野球をすることです。留学して最初の二年間はレギュラー定着に向けてしっかりと数字に残る結果を残してより良い大学から声をかけていただけるように、メジャーリーガーに少しでも近づけるように頑張って行こうと思っています。

目標として、打率0.400、盗塁数リーグトップを目標に全力で野球を楽しんで行こうと思います。勉強面での目標は高く設定しオールAを目指します。NSAAでの経験をいかし、どんな課題が出てもどんなに大きい壁にあたっても背を向けることなく頑張ります。自分は思っていることを伝えられなかったり、コミュニケーションがあまり得意ではないので野球や学校生活を通して自分の思っていることを伝えられるように、今よりも強い自分になれるように頑張って行こうと思います。


山田 航大
カリフォルニア州 West Hills College 進学
アメリカ大学野球留学

関連記事