2018年

アメリカ大学野球留学 田中 大道

Broad My Minds!~大きく変わった6ヶ月

自分に本気になる

私は他の人より数ヶ月遅れの4月からNSAA英語プログラムに参加しました。中学生の頃から英語は全く勉強をしてこず、基礎も全くなっていませんでした。私がこの英語プログラムに参加した時、他の人達は既に英語の基礎が身についており、考え方も素晴らしく、それをまとめ他人に解りやすく伝えることができ、毎日すごい刺激を受けていました。しかし、それだけ英語を真剣に頑張って、自分の目標に対して本気で取り組んでいるということだと感じ、自分も本気でやろうと覚悟がつきました。

この英語プログラムで一番大変だったことは何と言っても「アウトプット」。アウトプットとは、自分の持っている知識を実用化すること、そして自分の言葉でまとめ、わかりやすく他人に説明することです。中学、高校のテストはただ覚えるだけでなんとか出来てしまうので、なれないアウトプットが本当に大変でした。はじめは1分間のスピーチをするのに1時間以上もかかっていました。しかし毎日アウトプットをしてきたおかげで、自分の言いたいことでわからない単語があっても他の言い方に言い変えることができるようになり英語でスピーチを話すのもかなり上達することができました。

Hiromasa Tanaka

大変だったけど、自信がついた!

今まで全く勉強をしてこなかったので、毎日がすごく大変でした。日曜日以外の、朝9時から夕方6時くらいまで英語の勉強をして、さらに家に帰ってからも勉強をしました。体を動かすよりも多くの時間を勉強したのは人生で初めての経験でした。しかし、そのおかげで、英語もある程度できるようになり、継続して勉強することができるようになり、「やり続ければ結果が出る」ということも体験して、自信に変えることができたのが大きかったです!

今の自分は前の自分からは全く想像ができませんし、このプログラムを通して考え方もすごく変わりました。それでもまだまだ英語が上手ではないので、アメリカに行くまでも勉強する習慣は崩さず、行った後も自分の目標を作り、それを達成するために何をしたらいいのかを考えて実行していきます。みんなもやり続ければ必ずできるようになります!


田中 ひろまさ
Herkimer College 進学
アメリカ大学野球留学

関連記事