高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

高校男子バレーボール留学の特徴

年齢や学力に関係なく実力重視

実力社会だからこそ
チャンスにあふれている

上下関係ではなく実力社会

アメリカでは、年齢や学年による上下関係はなく、バレーボールにおいても練習の準備や片付けは部員全員で行います。試合のメンバー決めも学年ではなく、学校の成績、普段の態度、チーム内での練習試合での成果、などで上下関係は全く関係なく選考されます。日本では先輩を気にすることが多いですがアメリカではそれはなく、自分との戦いです。日本にはない別の厳しさがあり、メンタルがとても鍛えられます。

コミュニケーションとアピール力

アメリカのコーチは特徴的であまり指導しない印象があります。これは指導を怠っているのではなくアメリカのコーチは選手と寄り添って話し合い、それぞれがステップできるように導いてくれます。コーチが一方的に意見を選手に押し付けることはないと言っても良いでしょう。一方、選手は分からないことや、知りたいことがあれば指導者に率先して聞きに行くという自分を主張することに早く慣れなければなりません。この日々のコミュニケーションが選手としてのアピールでもあり、指導者やチームメイトとの信頼関係にも大きく影響します。

ロースター制度と入部保証

アメリカの高校男子バレーボール部は1軍(Versity)と2軍(Junior Versity)に分かれており、全部員合わせて20名程度です。「ロースター制度」と呼ばれ、新学期(9月〜)はシーズンのメンバーを決める時期でもあります。その結果などでコーチ陣が各選手の能力を練習や練習試合などで判断して、ポジションや作戦を決めて行く時期でもあります。冬休みを終え、3月からシーズンが始まります。NSAAでは学生の実力や性格を考慮し、メンバーに入りプレーできる環境をご用意します。

夏休み返上で更なる活躍の機会を

日本では所属するバレーボール部以外でプレーをすることは滅多にありませんが、アメリカではシーズン後(学期後)の6月から8月に渡り、所属するチーム以外のクラブチームや、バレーボールキャンプに参加し、スキルアップや大学のスカウト陣の前でプレーを披露する機会を作っています。普段とは違った指導者やチームメイトと一緒に活動することで、より高いコミュニケーション力やバレー界のネットワークを構築することができます。


年間スケジュール

学校によって多少異なる場合があります。

1週間のスケジュール