高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

アメリカ大学バスケ留学 琥太郎さん

アメリカの大学でバスケがしたい 僕はスポーツがとにかく好きだったことと、ただ普通に日本の大学に行くのはつまらないと思っていたことから、高校1年生の頃にはスポーツ留学以外の選択肢はあまり考えていませんでした。留学を決意したきっかけはこれだ!といったものはなく、ただぼんやりと自分の好きなスポーツで留学できたら楽しいだろうと思っていただけで、さらにその時は陸上をやっていたので陸上で留学するものだと思っていました。陸上部を辞め、一番仲の良かった友達に誘われたのとスラムダンクが昔から大好きだったというのを理由にバスケ部に入ったのが高1の12月で、それから時が経つにつれてどんどんバスケが好きになっていき、2年生になる頃には既にバスケでアメリカに行くんだ!と決めていました。自分は成長が早い方だろうしこのまましっかりやっていけば留学できるようになるだろうという油断と慢心だらけの盛大なアホ勘違いは高3になる直前のコロナによる地獄の自粛期間まで続きます。それを壊してくれたのが、部活ができなくなった後に一緒に練習をしてくれた小学校からの友達やそのさらに友人達です。その友達と、同じくアメリカ留学を目指している同世代のプレイヤー達は想像以上にレベルが高くボコボコにされたのち「このままじゃまずい」と僕は気づきました。それがさらにモチベーションの火種になり、こうして僕はバスケ留学を明確な目標にしてきました。 NSAAでの本気の英語学習 留学に向けた英語学習について僕はNSAAでの勉強が始まるまで本当にナメきっていました。どこの誰が言ったのかわかりませんが、アメリカの大学は卒業が難しいだけで入るのは簡単だというのを信じ切っていたのです。「なんとなく自分は英語はどっちかといえばできる方だ」という自信を胸に、ノー勉で迎えた初TOEFLは見事に撃沈。全部勘で挑んだリーディングとリスニング、問題文をひたすら書き写したライティングと、ひたすら無言を貫き0点だったスピーキングは、僕に「これ留学いけるんかな?」と不安にさせるには十分すぎるものでした。11月からNSAAでの学習を始めてからも、正直間に合わないんじゃないかと思っていたのですが、12月、1月とみるみるうちに英語力が上達し1月31日に受けた2回目のTOEFLで、以前0点だったスピーキングを4技能中最高の17点まで伸ばした上、最初の目標であった45点を超えることができました。これは僕のポテンシャルが凄まじい集中力によって開花したというわけでもなくはないのですが、本当にNSAAの授業の質と、さらに楽しく集中できる空気を作り出してくれた、同じ留学という志を持った仲間のおかげです。先生と生徒の壁がなく、腹がちぎれるくらい楽しく笑った直後にも、すぐに切り替えられるメリハリをもって勉強に取り組むことができたおかげで、勉強をすることが嫌いな僕も実力を伸ばすことができました。 NCAAのDivision1でプレーすることを目指して 留学の目的はいろいろありますが、大学でのまず第一目標として僕はNCAA Division1の大学からオファーを受けプレーすることを目指します。そのために必要なのはアスリートとしての実力や覚悟はもちろんですが、それだけでなく、安心してスポーツに打ち込めるように余裕を持って学力と成績を修めること、チームメイトやコーチと何不自由なくコミュニケーションが取れるほどの語学力や慣れない環境でも食事や健康管理などの必要なことを疎かにしないことなど沢山あると思っています。プレイヤーとして以外の生活や行いも結局は全部選手としての自分に繋がっていくということを忘れずに、自分のプレーに少しでもプラスになることを率先して頑張るようにして、万全の状態でバスケに全てを注ぎ込もうと思います。僕は最初の1年間はプレップスクールに行かせて貰えることになったので、しっかりと目標に向かって準備を怠らずに全部のことに全力で取り組んでいきたいです。 琥太郎さん杉並総合高ペンシルベニア州 Scotland Campus Sports プレップスクール 進学アメリカ大学バスケ留学
Read More
Takumi Okaura

アメリカ大学バスケ留学 拓巳さん

アメリカのバスケットボールというものを肌で感じ活躍を目指す 何よりも好きなバスケットボールで進みたい 自分が留学したいと思ったきっかけは、何を優先して大学を決めようと思った時自分が何よりも好きなバスケットボールで進みたいと思いました。そしてやるならプロになりたいと思い、そして自分が一番上手くなる環境はアメリカだと思い留学を決めました。さらに強豪校でやった経験上、自分のプレースタイルは日本ではなくアメリカのプレースタイルに似ていると思いました。そして何よりアメリカの完全実力でメンバーを決めるという方針に惹かれました。日本では部員数に限りがなくとても部員がとても多くて試合に出れるチャンスも少なかったです。しかしアメリカは15人と決められているので試合に出れるチャンスが多くあると思いました。そして多くの質の高い試合を経験して、自分のバスケットボールのレベルを上げれると思いアメリカに行くことを決めました。 繰り返しやることによって勉強をやる習慣をつけることができた 今まで英語を全くやってこなかった分、NSAAの英語学習でしっかりできたと思います。最初は短い期間でしたが、大阪で教えてもらうことが出来ました。その時に、先生に教えてもらった文法はTOEFLの問題を解く上でとても助けになりました。しかし、教えてもらった発音は活かすことが出来なかったので留学が終わった後に報告したいと思います。 銀座では、最初の頃は単語で頭がいっぱいいっぱいでしたが、繰り返しやっていくことでできる内容が増えていくのを実感しました。私はスピーキングに費やす時間が多く他のことが全然できませんでしたが、NSAAの先生方が真剣に解決策を考えてくれて、それを実行することで徐々に速くなっているくのを感じとても感謝しています。同じことを繰り返し繰り返しやることによって勉強をやる習慣をつけることが出来ました。英語を勉強した期間は半年ととても短かったですが、やれることはしっかりできたと思います。けれども英語の能力はまだまだなのでこれからもしっかり続けていきたいと思います。 アメリカのバスケットボールというものを肌で感じ活躍を目指す! スポーツ面では、短大の時はフィジカル面をしっかりと鍛えていき、アメリカのバスケットボールに慣れることをしっかりしていきたいです。そして最低でも一年間の間はレギュラーとして試合に出たいです。そして、得点力をアピールし続けて強い大学に奨学金をもらっていきたいと思います。大学ではアメリカのバスケットボールというものを肌で感じ活躍をしてプロになりたいと思います。 勉強面では、わからないことがあれば積極的に教授や周りの生徒に聞いていきたいです。短大で勉強を頑張って、勉強でも4年制大学を選べるように頑張りたいと思います。目標は、成績で4段階で3,7以上を取ることです。なぜかというとNSAA英語の先生が3.7を取ったと聞き目標にしました。今まで勉強を教えてもらい多くの物をもらいました。なのでどのように恩を返せるかと考えた時、その成績が取った成績を超えることだと思います。決して簡単ではありませんが頑張れば取れると言われたので、さぼらずにNSAAで身に付けた勉強の習慣を生かして行きたいです。 拓巳さん報徳学園高 カンザス州 Hesston College 進学アメリカ大学バスケットボール留学
Read More

アメリカ大学バスケ留学 おとさん

海外への興味 留学に行こうと思ったきっかけは高校に入ってからです、まず自分の学校の修学旅行先がグアムということを知った高校一年生の時に少し興味がわきました。また、先輩たちが修学旅行から帰ってきたときに話を聞いているとどんどん興味がわいてきました。僕は1年後に控えた修学旅行で英語を話せるように頑張ろうという目標をたてました。それからオンラインの英会話を見てみたり、本屋に行って英語の本を見たりしましたが、部活も忙しかったので特にこれと言って集中した英語学習をすることなく1年後の修学旅行が来てしまいました。しかし、それまでは英語が大嫌いで何の役にも立たないと思っていたのに、話せるようになりたい、コミュニケーション取れるようになりたい、と思って触れていると「勉強している」という感覚とは少し違った気がしました。 ついに来た修学旅行、まず初めに英語に触れる機会があったのはグアムの空港の入国審査です。入国審査では英語で質問に受け答えしなければならないのでとても緊張していましたが、向うの人が優しく単語だけで受け答えしてくれて何とか理解することが出来ました。こうして第一関門は突破しました。ここを超えると日本語の通じない世界でした、その中で3日間過ごしてとても刺激を受けたのが留学したいと思ったきっかけです。 NSAAでの英語学習 関西在住だったので、NSAAの授業のために上京しました。授業は初めはとても緊張しましたが、徐々に慣れていき生徒たちはみんな仲良くワイワイした授業になっていきました。最初一人暮らしには全然慣れなかったけど、時が経つにつれて一人暮らしにも慣れていき、時間の使い方がうまくなっていきました。この経験は人生の中でとてもいい経験となったと思います。 アメリカでの目標 コミュニティカレッジで学業、バスケット共に結果を残しNCAAデビジョン1の大学に編入してプロのバスケットボール選手になれるように頑張りたいです。 おと君尼崎高ワシントン州 Shoreline Community College大学 進学アメリカ大学バスケ留学
Read More

アメリカ大学バスケ留学 らいとさん

先輩の背中を追ってアメリカへ 僕は、バスケを中学から本格的に始めました。そして上手くなりたくて、バスケの本場アメリカで行われているIMGアカデミーのキャンプに2週間参加しました。その時に自分より大きい選手や身体能力が高い選手がたくさんいて、アメリカでバスケをしてみたいという思いが芽生えました。でも、それはまだ夢のようなもので、現実的に考えていたわけではありません。そのうち、高校に入り、二年上の憧れているバスケの先輩がスラムダンク奨学金生としてアメリカのプレップスクールに行くことになりました。それを知り、急にアメリカでの挑戦を現実的になものとして考えるようになったのです。 NSAAでの英語学習 僕は、昔から勉強が嫌いだったので、留学しようと思い始めてから英語の勉強をやりだしました。最初のTOEFLのテストは27点で低得点からの出発でした。でも、本格的にNSAAに通い始めたら、週に5日、朝10時から18時まで、遅い日は20時まで勉強するような毎日で、通い始めたらどんどん英語の文章や聞き取りが出来るようになりました。そして、5ヶ月くらいでベストスコアでなんと52点まで伸びました。こんなに勉強したのは初めてです。 アメリカでの目標 僕はこれから2年制大学入学が決まっていますので、バスケと勉強どちらもいい成績を残して、奨学金を得て4年生のD1に行きたいと思っています。日本では学べない色んなことを学び、充実した生活をおくり後悔しないようにしたいです。 らいとさん八王子学園八王子高ワシントン州 Skagit valley college大学 進学アメリカ大学バスケ留学
Read More

アメリカ大学バスケ留学 恵翔さん

多く挑戦して、選手としても人としても大きく成長した自分でいたい アメリカの大学でバスケがしたい! 僕は、昔からアメリカという国に憧れもあり語学留学をしたいという思いもありましたが、中学2年生の時にバスケを教わっていた方から、冗談まじりにアメリカの大学を勧められたことがきっかけでアメリカにバスケで留学したいと徐々に思い始めました。バスケで大学留学について調べていくうちに、「あれだけスポーツができるのに、勉強もしっかりやっている!」という、僕が感じる大学留学最大の魅力に気づき、自分の高校生活の目標ができました。その思いは次第に強くなっていき、高校3年生の春にはアメリカのプレップスクールにトライアウトを受けに行くことができましたが、結果は上手くいきませんでした。その後、アメリカでバスケをやるべきか悩んだ時期もありました。  その困惑した気持ちを抱えながら、高校3年生の夏にNSAAに面談を受けに行きました。その時に仰っていた「できるからやるのではなく、やるからできるようになる。」という言葉を聞いた時に、『アメリカで絶対バスケをやる。』と強く思い、留学することを決心しました。  また、僕の最終的な目標は、プロの選手になることとコーチになることです。優れたコーチになるには多くの知識と経験、そして優れた人間性が必要だと僕は思います。僕はそれら全てを学び、鍛え、より高い質にしていくには、アメリカに留学することが自分にとって最もいい方法だと思ったこともきっかけの1つです。 決めたところまで毎日継続し、TOEFL64点! 高校3年の10月からは、高校バスケの全国大会が残っていたため空いた時間で単語や文法をやることしか出来ませんでした。そして、1月からNSAAでの英語学習が始まりましたが、最初はよくわからずとりあえず必死にやっていました。 その中でも、毎日のように言われていた、「効率性やメリハリは本当に大事だな」と思い、お腹が空いてても眠くても自分が決めたとこまでは頑張ろうという小さな目標を決めてやり続けたことは結果として、TOEFLで64点まで上げることができたと感じています。 反対に、少し自分に甘くなってしまった時は、それも結果として、感覚的にも出てしまうということも改めて感じました。また、この約5ヶ月で、どうやって上手く自分の時間を作るのかとか、勉強だけではなく、そう言ったところまで考えて常にやることが出来たと思います。大学生活でも、ここで学んだことを継続していきます。そして、まだまだ成長するところばかりだと思うので、渡米までやれることをコツコツ積み重ねていきます。 文武で頑張り、バスケで奨学金を獲得する! バスケ留学中の目標は、勉強とバスケで、それぞれ継続して良い成績を取ることです。その中でも、まずは、4年制大学へ奨学金をもらって編入することです。1年目から試合に出て自分の出せる最大のパフォーマンスができるように正しい努力とそれを継続してやり続けます。レベルの高い環境、慣れない環境で、できるだけ多く挑戦して、選手としても人としても大きく成長した自分でいたいと思います。 自分がアメリカへバスケ留学できるのは、両親や自分を支援してくれる人、応援してくれる人、NSAAの皆さんがいるから実現できることだと思います。留学中の1日1日を絶対に価値あるものにしていきます! 恵翔さん八王子高校 テキサス州 Ranger College 進学アメリカ大学バスケットボール留学
Read More