高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

アメリカNATA公認CSCS ストレングス&コンディショニングコーチ

トレーニング哲学の基礎を本場アメリカで修得!

「トレーナー留学」と聞いて、多くの方はテーピングを巻く、ケガを治すなどをイメージしますが、「トレーナー」と言っても職種は様々。故障したアスリートを復帰に導くのはアスレティックトレーナーであり、パフォーマンス向上やスキルアップを専門に扱うのは、ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチと呼ばれる役職です。「コーチ」の称号が付くだけあり、スポーツの現場では必要不可欠な存在として、ジュニアからプロの世界で活躍をすることができます。スポーツトレーニングの本場アメリカで基礎知識を学び、独自の哲学を築き上げ、夢を叶えましょう。

S&Cコーチに関する資格は、さまざまな民間団体が提供していますが、全米ストレングス・アンド・コンディショニング協会 (NSCA)の認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)の資格は、知名度が高く、世界でも認知度の高い資格と言えます。資格取得するには必ずしも米国の学校を卒業している必要はなく、日本でも取得できますが、それでもスポーツトレーニングの本場であるアメリカに留学することで、優れた指導者を目指すトレーナーは多いです。アメリカの大学でスポーツや医療分野の学業を修め、同時に英語を習得しつつ、ストレングスコンディショニングコーチの資格も取得して将来の職業選択の幅を広げましょう。

代表的な大学での専攻学部・学科:Exercise Science, Kinesiology, Exercise Physiology, Sports Science, Exercise and Wellness

ストレングス&コンディショニングコーチ

主にアスリートを対象に、パフォーマンスの向上と傷害予防を目的として、ストレングストレーニングを中心とした安全で効果的なエクササイズプログラムの作成と指導を行う職業です。筋力、パワーを中心としたすべての体力要素へのアプローチを通じて、選手、チームが最高のパフォーマンスを発揮するエクササイズプログラムを作成します。

ストレングスアンドコンディショニングコース(NSCA公認CSCS / アメリカ)|NSAAー日本スポーツ留学学院

全米ストレングス・アンド・コンディショニング協会 (NSCA)が認定する大学のカリキュラムを終了すると、認定試験の受験資格を得ることができます。ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、研究者などがCSCSの資格を取得しています。全世界で30,000名以上、日本では1,500名以上のCSCS認定者が活躍中です。

全米ストレングス・アンド・コンディショニング協会 (NSCA)

ストレングストレーニングとコンディショニングに関する国際的な教育団体として1978年に設立。スポーツ科学、各スポーツ競技、医療分野、フィットネス分野などの様々な専門家グループと共に、スポーツパフォーマンスとフィットネスの向上を目的とした、適切なストレングストレーニングとコンディショニングの活用を目指している団体です。

アメリカで学ぶメリット

★ベースの教養知識の学習時間が充実
★プロからアマチュアまで豊富な就職先
★英語力が習得でき国際的に活躍できる
★幅広いネットワークーセミナーや学会の機会が豊富

ストレングスコンディショニングコーチはどこで働ける?

取得する資格にもよって異なりますが、CSCSの場合は主にチームスポーツを、CPTは主に個人単位でクライアントをもつ事が多いです。また近年では、アスリートやスポーツの現場に限らず、民間企業の福利厚生プログラムの一環で、健康促進におけるカリキュラムのプロデュースなどを行っているケースも増えて生きています。

・トレーニング、フィットネスジム
・MLB、NHL、NBAなどのプロスポーツチーム
・オリンピックやなどの国際大会、全国大会
・部活動や、個人選手専属トレーナーなど
・大学教員や研究者

留学条件

対象者 高卒生~社会人
日本の高校を卒業している、または卒業予定の方
*大卒・専門卒の方は大学院プログラムからのスタートも可
*経験・性別不問
留学
コース
2年間~
*最終学歴によって留学期間は異なる
留学
場所
アメリカ全域可
必要
英語力
TOEFL 45iBT~
*必要点数は学校によって異なる
出願
期日
秋学期スタート(9月)3月下旬
春学期スタート(1月)10月下旬
*出願期日は学校によって異なる