大学スポーツ留学

NSAAの大学留学

海外でスポーツに打ち込み、大学を卒業し、英語も習得。将来の可能性を大きく広げるプログラム。
大学を辞めた学生も、第二の競技人生を海外で。チャンスは日本だけではありません!

全ての場面で効果的なサポートを提供

留学前サポート

・大学選び、入部交渉
・出願手続き、ビザ申請サポート
・留学に向けたTOEFL英語学習や一般教養
・就職を見据えた企業マインドを学ぶ留学前研修

留学中サポート

・留学中の成績管理、カウンセリング
・大学の編入手続き、奨学金交渉
・トレーナーによるフィジカルサポート
・留学中の就職ガイダンス、研修

選べる国

アメリカ

言わずと知れたスポーツ先進国

スポーツ先進国の名にふさわしく、アメリカではスポーツ留学生をサポートするための返済不要の奨学金が豊富です。現にNSAAでは4年制大学生の90%が奨学金を獲得しています。

アメリカの大学は誰もが試合に出られる少人数ロースター制。例えば野球部では、新入部員が入ると半年くらいかけて全体の部員数が40名程度に絞られ、残った部員は試合で活躍するチャンスを与えられます。また、全体練習はわずか2〜3時間で終了し、後は自主練習や勉強の時間に当てられるのも特徴的。短期集中型の練習です。

選択できる競技 野球、バスケ、サッカー、ラグビー、バレー、フットボール、ソフトボール、ラクロス、テニス、トレーナー、スポーツマネジメント、その他スポーツ  取扱競技一覧はこちら >>

 

カナダ

「世界の住みやすい国ランキング」において毎年上位に君臨

大自然に囲まれたカナダでも、学生スポーツが盛んに行われています。アイスホッケーやスキーなどのウインタースポーツの印象が強いカナダですが、大都市バンクーバーやトロント地区では、野球やサッカーなどの球技が非常に人気です。

本格的にスポーツを活動したい学生は、学校の部活動ではなく、地域のクラブチームに所属します。留学生は私立・公立、また学生寮やホームステイなど選択肢は様々ですが、スケジュールや単位取得に融通の効く公立高校やホームステイを選ぶのが良い場合が多いです。

選択できる競技 ラクロス、トレーナー、その他スポーツ  取扱競技一覧はこちら >>

 

ニュージーランド

日本とは季節が真逆の南半球

ニュージーランドは新日家が多く、日本人留学生にとってはとても過ごしやすい環境と言えるでしょう。なかでもラグビーは最強軍団「オールブラックス」を筆頭に、国民の生活の一部と化しており、ラグビー部に所属していることが名誉といっても過言ではありません。治安が良く日本と時差もさほどないため、人気留学先の一つです。

ニュージーランドの大学では、部活動はどちらかというとサークルのような位置付けになりますので、ニュージーランドでプレイする場合、大学に所属しながら、部活ではなくクラブチームに所属してプレイするのが一般的です。

選択できる競技 ラグビー、その他スポーツ  取扱競技一覧はこちら >>

 

イギリス

世界の文化の発祥の地

イギリスも、アメリカに次いでスポーツ大国と言えるでしょう。なかでもラグビーやサッカーは世界中のスポーツファンを魅了し、ワールドカップやオリンピックなどにおいてその功績が認められています。

選択できる競技 ラグビー、スポーツマネジメント、その他スポーツ  取扱競技一覧はこちら >>

 

選べるスケジュール

海外の大学への入学時期は8月又は1月です。それぞれの大学入学時期に合わせたNSAAへの入学の時期は10月、1月、3月の3回ですが、途中入学も可能です。お気軽にご相談ください。

8月に海外の大学に入学する場

NSAA-schedule-Aug

1月に海外の大学に入学する場合

NSAA-schedule-Jan

 

現地サポート

未成年での留学は心配が尽きません。NSAAでは留学先に日本語の通じるサポートスタッフを配置しています。学校や滞在先でのトラブル時の対応や、病院での診察時の通訳サポート、進学・進路相談など現地の文化を熟知したスタッフが快適な留学生活を送るためにバックアップします。

ケイン 陽子
アメリカ・CA州
留学ツアーの現地スタッフをはじめ、ホームステイの受入れや、緊急時のサポートなど幅広く提供。学生が安心した留学生活が送れるよう、生活の知恵などの指導まできめ細やかに学生をサポート。

ハンプトン 美香
カナダ・BC州
これまでに300名以上の留学生をサポート。時に厳しく、時に大きな愛情で学生を包み込む「肝っ玉母さん」的存在。留学生が安全且つ有意義にプレーできるよう愛情たっぷりのサポートを提供。

岸本 泰
NZ・オークランド
二人のラグビー少年の父で、かつオークランドU-13代表ヘッドコーチ。長年留学生のサポートに携わり、現地のスポーツ事情を熟知。留学生活だけでなく、技術指導やトレーニングのサポートも可能。