高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

大学・大学院トレーナー留学の特徴

留学コースは多彩

「トレーナー」と聞いて想像する姿は人それぞれだと思います。怪我の予防を専門にするトレーナーもいれば、パフォーマンスアップを専門にしたトレーナーなど沢山の種類があり、それぞれ学ぶ内容も資格も異なってきます。NSAAでは多岐にわたるトレーナー留学コースを用意し、理想のカタチを見つけるサポートをします。

世界が認める資格を獲得

世の中には沢山の認定資格がありますが、その中でもオリンピックや世界大会など国際レベルで活躍するトレーナーたちが保有する世界で認められた資格に厳選し紹介しています。トレーナー留学を通じて、プロアスリートから認められる確かな技術を身に付けることができます。

豊富な奨学金制度

アメリカの大学では学業成績優秀者には返済不要の奨学金が用意されています。スポーツトレーニング関連の学部に在籍し続けるためには平均以上の成績が求められますので、奨学金の付与率が非常に高いです。また現場実習先での活躍や、休み期間中のインターンシップなどに参加することで、更に奨学金を得ることもできます。

プレーヤーとの両立も可能

学生アスリートとしてプレーを続けながら、スポーツトレーニング関連の学位を取得することもできます。現場実習を伴わない専攻であれば、学校ではパフォーマンスについての原理・原則を学び、放課後は学んだことを部活動で体現することもできます。将来は自分の競技種目で指導者を目指したい方にはおススメです。

コース紹介


アスレチックトレーナーコース(NATA公認ATC / アメリカ)

全米アスレチックトレーナー協会(NATA)が公認する、世界で認められているトレーナーの資格です。大学院2年間の集中カリキュラムで、卒業時に国家資格を取得することができます。高卒生で留学する場合は大学の学士課程でAT準備コースを受講し大学院へ入学します。日本の大学を卒業している場合は、大学院のカリキュラムに入部するために必要な必修科目を事前に履修しておく必要があります。

アスレチックセラピストコース(CATA公認AT / カナダ)

カナダのスポーツ医学界の最前線、カナダアスレチックセラピスト協会 (CATA)は、カナダを拠点に活動しているATのための国内統括協会です。スポーツの現場要素の強いアメリカのATCに比べ「セラピスト」と呼ばれているだけあり、治療院やクリニックで働くことが多い印象です。またアメリカのNATA公認ATCとの互換性が良く、CATAの資格をNATAへ切り替えることもできます。CATA認定校はカナダ国内に7つと少数に絞られています。

ストレングスコンディショニングコース(NSCA公認CSCS / アメリカ)

全米ストレングス・アンド・コンディショニング協会 (NSCA)の認定資格のひとつで、アスリートのパフォーマンス向上やスキルアップを専門に扱い、スポーツチームが照準を合わせるパフォーマンスのピークに向かってアスリートを指導するスペシャリストです。スポーツの現場では必要不可欠な存在として、ジュニアからプロの世界で活躍をすることができます。チームスポーツで働きたい方には必要不可欠な資格と言えるでしょう。

パーソナルトレーナーコース(NSCA公認CPT / アメリカ)

CSCSと同様、NSCAが認定する資格で、個々のクライアントにあった評価や動機づけや適切な指導の訓練を受けた、個人を対象にしたスペシャリストです。CSCSと合わせてチームも個人も両方見ることのできるトレーナーの方も少なくありません。

パフォーマンスコーチコース(選手兼任可 / アメリカ・カナダ・NZ・イギリス)

選手の技術的向上を探求するコースで、学べる内容は多岐に渡ります。なかでもアメリカのNASM公認PESは、アメリカの理学療法士が作った資格で、リハビリテーションからスポーツパフォーマンスアップに共通して必要となる「動作を科学する」という視点で幅広く学ぶことができます。またアメリカ以外の国でも、学生アスリートとしてプレーしながらパフォーマンスコーチの関連分野で学位を取る学生は多く、競技も続けながらトレーナーの勉強をしたいという学生にはおススメのコースです。

留学期間中に取得できる主な資格

トレーナー大学留学・大学院留学

資格名称称号取得できる国必要学位
NATA公認
アスレチックトレーナー(ATC)
NATA-ATCアメリカ修士
CATA公認
アスレチックセラピスト(AT)
CATA-ATカナダ修士
NSCA公認
ストレングス&コンディショニングコーチ(CSCS)
NSCA-CSCSアメリカ修士
NSCA公認
パーソナルトレーナー(CPT)
NSCA-CPTアメリカ準学士
NASM公認
パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト(PES)
NASM-PESアメリカ準学士

高校卒業後に留学する場合

アスレチックトレーナーの1週間のスケジュール

アメフト部担当のアスレチックトレーナー(AT)の例


大学・大学院トレーナー留学サポート内容

NSAAの大学留学準備プログラムでは、姉妹団体である『GATE(トレーナー育成プログラム)』の講師から
トレーナー教育、トレーナー英語教育を受けることができます。詳細は、お問い合わせください。


NSAAトレーナー留学

トレーナー留学生の動画紹介
(GATE(トレーナー育成プログラム) youtubeより)。
GATEのHPはこちら。