大学スポーツマネジメント留学の特徴

アメリカのスポーツ産業の市場規模は約5000億ドル(約54兆円)とも言われ、世界最大のスポーツ産業国となっています。 アメリカのスポーツビジネスの市場規模が大きい要因は、プロリーグチームの職員の存在があります。それぞれの分野の精鋭たちが集結し、「プロ集団」としてチームの運営にあたっているのです。スポーツ大国アメリカで「プロ集団」の1人を目指せるのが、アメリカ大学スポーツマネジメント留学です。

スポーツマネジメントとは

プロスポーツチームや企業のイベント企画、商品開発、市場調査、予算編成、人事編成、事業の評価、会計、商標管理などこれら全てに関わる分野がスポーツマネジメントです。あらゆるスポーツ種目において圧倒的なアスリートの数とファンを誇るアメリカ。各競技が生み出す高い興行収入の仕組みも、世界から注目を浴びている「スポーツ先進国」として知られています。そのアメリカの大学や大学院でスポーツマネジメントを学んだ専門家学生は、専門知識とスポーツ界のネットワークを生かしさまざまなフィールドで活躍することができます。

卒業後の主なキャリア

リーグ協会・団体職員: スポンサー営業など
プロチーム職員: 営業・広報など
プロチーム職員: スカウト・通訳など
プロチマネジメント事務所: プロ選手代理人
スポーツメーカー: 用品企画・開発
スポーツイベント会社: イベント企画・運営
メディア・報道関係: ジャーナリスト・記者
スポンサー企業: 営業・タイアップ事業

スポーツ界で活かせる学位を取得する

① 運動部の盛んな学校選び

スポーツマネジメントを学ぶにあたり、学校選びは非常に重要になります。スポーツ強豪校の場合、その施設や運営形態はプロレベルで、質の高い環境で勉強することができます。また学校周辺にプロ球団がある場合、学期中にインターン生として活動できるチャンスも広がります。

② 学部入学を目指す

学校によってシステムも異なりますが、スポーツマネジメント学部では、現場実習や専門知識を学ぶため、多くの科目を履修する必要があります。まずは学部入部に必要な一般教養を取得し、スポーツマネジメントの専門知識を学ぶ準備をします。2年目以降は、スポーツ法律学、スポーツにおける予算管理、スポーツ社会学、スポーツ心理学、スポーツマーケティングなど、スポーツに特化したカリキュラムが構成されています。

③ 現場実習とインターンシップ

スポーツマネジメント学部生の多くは、部活動のマネージャー業務やメディア業務などの補佐をおこなうことが多くあります。日本に比べ学生スポーツの市場が大きいアメリカの大学では、学生が中心となり部活動の運営に携わることができます。また、在学中は休み期間中を利用し、プロチームでインターンシップ経験を積むことで、卒業後の就職の可能性を広げることができます。近年ではプロチームで仕事のチャンスを得るために、インターンシップの経験が必須とされています。

入学から卒業までの流れ

▶1年目  ESL → 一般教養

留学生のほとんどは、大学附属の英語学校(ESL)に入学し、まずは正規入学するための英語力を身につけます。大学に入学すると、比較的簡単な一般教養から履修していきます。初年度は授業に慣れること、安定した勉強習慣を身につけること、そして好成績を保つことが重要です。
例:英語、数学、世界史、社会学、スピーチなど

▶2年目  一般教養 → 基礎中心科目

大学の授業に慣れてくると、比較的難しい一般教養を履修していきます。論文作成やプレゼン能力など、将来に役立つスキルを磨きます。また、少しずつ基礎中心科目も履修し、いよいよスポーツマネジメントの本格的な授業が始まります。
例:ミクロ経済学、マクロ経済学、統計学、マーケティングなど

▶3年目  中心科目

スポーツマネジメントについてしっかり学ぶ一年です。クラスでは積極的に発信し自分の意見を述べることが今まで以上に求められます。また、将来どの分野で活躍したいのかを考える時期でもあります。この時の想いが4年目のインターンシップ、さらには卒業後の進路を決定付けます。
例:スポーツ社会学、スポーツ法、スポーツマーケティングなど

▶4年目  選択科目&インターン 

興味のある分野を選択し履修します。さらに実際の現場でインターンシップを経験し、これまで学んだことを発揮していく一年です。インターンシップを通して新たな課題が現れ、卒業後の道標となります。
例:フットボールの歴史、スポーツ代理人、インターンシップ(最低15週間など)


1週間のスケジュール

College management weekly schedule