高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

大学女子ラクロス留学の特徴

年齢や学力に関係なく実力重視

実力社会だからこそ
チャンスにあふれている

上下関係ではなく実力社会

アメリカやカナダでは、年齢や学年による上下関係はなく、ラクロスにおいても練習の準備や片付けは部員全員で行います。試合のメンバー決めも学年ではなく、学校の成績、普段の態度、チーム内でのでのパフォーマンスなどで決まり、上下関係は全く関係なく選考されます。日本では先輩を気にすることが多いですがアメリカやカナダではそれはなく、自分との戦いです。日本にはない別の厳しさはあり、メンタルがとても鍛えられます。

コミュニケーションとアピール力

アメリカやカナダの大学コーチは特徴的であまり指導しない印象があります。これは指導を怠っているのではなくアメリカのコーチは選手と寄り添って話し合い、それぞれがステップできるように導いてくれます。コーチが一方的に意見を選手に押し付けることはないと言っても良いでしょう。一方、選手は分からないことや、知りたいことがあれば指導者に率先して聞きに行くという自分を主張することに早く慣れなければなりません。この日々のコミュニケーションが選手としてのアピールでもあり、指導者やチームメイトとの信頼関係にも大きく影響します。

ロースター制度と入部保証

アメリカやカナダの大学女子ラクロス部は、日本の部活動に比べると人数が少なく全部員が35名程です。「ロースター制度」と呼ばれ、新学期(9月〜)からシーズンに向けての練習が始まり、2月初旬から始まるシーズンのメンバーを決める時期でもあり、コーチ陣が各選手の能力を練習や練習試合などで判断して、ポジションや作戦を決めて行く時期でもあります。NSAAでは学生の実力や性格を考慮し、メンバーに入りプレーできる環境をご用意します。

返済不要の奨学金/部費・遠征費なし

アメリカやカナダの大学女子ラクロス部に所属できれば、用具やユニフォーム代、部費、遠征費などは大学が負担をしてくれるのが一般的です。ラクロスのレベルやスキルによって返済不要の奨学金も支給されます。コーチからの選手評価が高ければ、全額奨学金を獲得することも可能です。また、勉強面でも一定の成績(4段階で3.0以上)を残すことができれば、留学生に適用される費用(Out-of-state Fee)が免除され、勉強面での奨学金を得ることもができます。1年目から4年制大学から奨学金を獲得し入学する選手もいれば中には2年制大学で2年間プレーした後、4年制大学からスカウトされ奨学金を取得して編入する選手もいます。

5年間のエリジビリティー

日本の大学では原則4年間の活動期間が設けられていますが、アメリカの学生アスリートは通常、スポーツの4シーズンをプレーするのに5年の猶予があります。これは大学に入学した時からカウントされ、卒業後も年数が余っていればプレーできるというシステムです。怪我などで、ロースターに入れなかった場合は、「レッドシャツ」と呼ばれる、大学チームに所属はしているが、シーズンに出場していないと見なされ、1年のプレー期間を延長する制度もあります。大学生活の4年間はしっかりプレー環境を確保させる、というリーグ側の配慮でもあります。

世界から注目されている米国大学ラクロス

世界の女子ラクロス選手が目指すのが、奨学金付きでプレーしながら、将来のプロの道と同時に、質の高い教育を受け、学位を取得できるアメリカ大学女子ラクロスです。4年に一度開催される女子ラクロス世界大会では、30年以上も不動の1位を守り抜いています。スポーツ大国アメリカラクロスは、野球やバスケットボールと比較すると人気や競技人口は劣りますが、女子プロチームUWLX(United Women’s Lacross League)ができ、女子の競技人口も増加しているなど、伝統スポーツとして根強い人気のあるスポーツとなっています。

リーグ情報

アメリカの大学スポーツは、レベルによって複数の組織によって成り立っており、大学によって所属するーグ、またはプレーするための条件が異なります。必死に英語の勉強をして大学に入学したにも関わらず入部できなかった、プレーできなかったということが無いよう、渡米前に「入部許可」を得ておく必要があります(入部=試合に出れる、わけではありません)。

 プレーするための条件として代表的なものは「学業成績」です。学生アスリートは、各学期に必要な最低単位数と最低GPA(評定平均)が定められており、基準値に到達しなければ試合に出ることができない、また卒業が遅れてしまうことがあります。

NCAA_logo

NCAA(四年制大学)

リーグ登録条件が厳しく定められていて究極の「文武両道」が求められます。1部リーグから3部リーグで構成されており、1部リーグでは最大で全額奨学金が付与させることもあります。またプロ選手やオリンピック選手らも多数輩出しています。2部リーグも返済不要の奨学金システムが充実しています。

NAIA LOGO

NAIA(四年制大学)

小規模のリベラルアーツ系大学で構成されるリーグです。NCAAほどの厳しい入部条件はありませんので入部はしやすいですが、プレーを継続するために高い学力を維持する必要があります。NAIAでも大型奨学金を得られるチャンスはあります。

WCLA logo480

WCLA(四年制大学)

ラクロスで、NCAAやNAIAに所属していない大学を中心としたリーグです(※他競技では参加している場合もあり)。NCAAほど厳しい制限はありませんが、ラクロスのレベルは非常に高いです。

NJCAA LOGO

NJCAA(二年制大学)

NCAAの二年制大学版。四年制リーグと同様、リーグで定められている学業成績が維持できなければ試合出場の権利が剥奪されてしまいます。四年制大学へ編入せずにプロチームからドラフト指名を受け、プロ契約をする選手も少なくありません。また1部リーグにおいては奨学金が付与されることもあります。


国技として大人気スポーツのカナダでラクロス留学

ラクロスはカナダ発祥で、アイスホッケーに並ぶ大人気のスポーツです。NLL(National Lacrosse League)というプロリーグも存在し、カナダとアメリカのチームで行われています。最近日本の大学で盛んになってきているラクロスですが、カナダでは幼少期からラクロスを始めるのが普通です。またカナダではアイスホッケーと同サイズのコートで行われるボックスラクロスがあり、冬にフィールドラクロス、夏にボックスラクロスと両方プレーする選手もいます。NSAAはカナダでの留学プランもご用意できます。

年間スケジュール(アメリカ大学の例)

大学によって多少異なる場合があります。

College-Lacrosse-local-schedule

1週間のスケジュール

大学によって多少異なる場合があります。

College-Lacrosse-weekly-schedule

シーズン中であっても、試合の時をのぞき、学生は積極的に授業に出ています。大学でよくある光景ですが、アスリートが席の一番前を独占し、真剣に勉強をしています。試合の後も、宿題やテスト勉強をしたり、遠征から帰ってくるバスの中で、翌日の勉強をしたりもします。このスケジュールをやりきるからこそ、アメリカの大学女子ラクロス部でプレーした選手が、社会に出て活躍していることも多くあります。文武両道でやりきるからこそ、社会からも高い評価を得ることができ、プロになれなくても、留学で学んだことを活かして、仕事で国際的に活躍することは大いに可能です。

短期留学・セレクション

短期間でスポーツ留学を体験

海外の大学や高校へスポーツで進学を考えている学生向けに、短期でスポーツ留学の現場を経験することができるプログラムです。学生自身が海外でもやっていけるという自信を掴んだり、入部可能な大学からオファーを獲得したりと、この短期スポーツ留学の経験から、可能性を大きく広げることができます。

募集中プログラム

個別対応プログラム

College Lacrosse woman

【ツアー期間】 1週間から3カ月
【ツアー対象者】高校生・大学生
【ツアー場所】 アメリカ・カナダ

オーダーメイドのスポーツ留学プランになります。ラクロスキャンプの手配はもちろん、ホームステイやホテル・コンドミニアムなどの宿泊手配や、海外航空券・送迎の手配、プロスポーツの試合観戦や現地観光サポートなど、ご都合の日程に合わせ満足いただけるパーソナル短期ラクロス留学をご提供します。

ホームステイ+大学ラクロス留学

Home stay

【開催期間】 1週間から2カ月程度
【開催時期】 6月から8月
【対象者】  15歳以上

アメリカのファミリー宅に滞在しながら、クラブチームや民間のサマーキャンプに参加するプログラムです。

大学ラクロス留学説明会

2021 aug selection baseball

【開催期間】 個別対応(随時)
【対象者】  高校、専門学校
【開催場所】 全国

大学ラクロス留学無料説明会は、当社の留学アドバイザーがあなたの学校に訪問し、ラクロス留学に興味や関心のある生徒・保護者のみなさんに説明する訪問型の留学説明会です。大学ラクロスのシステムやレベル、学校生活や卒業後の進路など様々な疑問を解決する留学説明会です。まずはお気軽にお問い合わせください。