高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら


大学野球留学の特徴

年齢や学力に関係なく実力重視

実力社会だからこそ
チャンスにあふれている

上下関係ではなく実力社会

「1年生は走ってろ!」「1年生のくせに生意気だ!」このような発言は海外で一切耳にすることはありません。アメリカでは、私生活においても年齢や学年による上下関係はなく、練習の準備や片付けは選手全員で行います。試合のメンバー決めも学年ではなく、誰もよりも打てて、誰よりも抑えられる選手が選ばれるのです。どんなに声を出しても、練習をしても、結果が出なければそこまで。日本にはない別の厳しさはあるものの、先輩に怯えながら野球をする様な環境はありません。

コミュニケーションとアピール力

初めてアメリカでプレーする学生たちは口を揃えて「指導者が全然教えてくれません」と言います。これは指導を怠っているのではなく「選手は一人ひとり違う」という考えに基づいており、選手から聞かれた質問に対して教える、という指導スタンスなのです。分からなかったり、知りたいことがあれば指導者に率先して聞きに行く文化にいち早く慣れなければ、いつまで経っても「やる気の選手」と勘違いされてしまうことがあります。この日々のコミュニケーションが選手としてのアピールでもあり、指導者やチームメイトとの信頼関係にも大きく影響します。

ロースター制度と入部保証

アメリカの大学野球部は、全部員がわずか30名ほどです。「ロースター制度」と呼ばれ、新学期(9月〜)からトライアウト期間が設けられ、練習態度や技量、試合での結果をトータル的に加味して12月上旬に翌年に控えたレギュラーシーズンを戦うメンバーを選考します。このメンバーに選ばれなければ試合出場はおろか、野球部員として認められることができないのです。せっかく海を渡ったにもかかわらずプレーするチャンスを失うことのないよう、NSAAでは学生の実力や性格を考慮し、メンバーに入りプレーできる環境をご用意します。

部費はゼロ、奨学金で留学費用を大幅にカット

アメリカの大学野球部に所属できれば、ユニフォームや部費、遠征費などは大学が負担をしてくれるのが一般的です。野球のレベルやスキルによって返済不要の奨学金も支給されます。コーチからの選手評価が高ければ、全額奨学金を獲得することが可能です。また、勉強面でも一定の成績(4段階で3.0以上)を残すことができれば、留学生に適用される費用(Out-of-state Fee)が免除される場合があり、勉強面での奨学金を得ることもできます。1年目から4年制大学から奨学金を獲得し入学する選手もいれば中には2年制大学で2年間プレーした後、4年制大学からスカウトされ奨学金を取得して編入する選手もいます。

最長5年間の「エリジビリティ」

日本の大学では原則4年間の部活動在籍期間が設けられていますが、アメリカの大学では「5年間」のエリジビリティ(=在籍資格)が各選手に与えられます。これは5シーズン試合に出場できるわけではなく、怪我や成績不振によりシーズンを棒に振ってしまう選手に対しての救済措置で、1年間はカウントしませんよ、という「レッドシャツ制度」が適用されるのです。万全の状態でしっかり4年間プレー環境を用意する、というリーグ側の配慮でもあります。

リーグ情報

メジャーリーグが世界中のプロ野球界の総本山であるのならば、アマチュア野球の最高峰は「米国カレッジベースボール」と言っても過言ではありません。アメリカには日本のような社会人野球は存在しませんので、実質大学野球がメジャーに最も近い存在になります。特に全米学生スポーツ協会(NCAA)の1部リーグに所属する四年制大学でプレーすることが誰もが憧れる環境であり、またそれは家族や指導者にとっても大変名誉的なことでもありあす。この1部リーグでプレーすることは高いスキルレベルはもちろん、安定した学業成績や、指導者のネットワーク力も大きく影響します。高校卒業していきなり1部リーグ校に入部できるのはほんの一握りであり、多くの学生は二年制大学を経由してから編入するケースがほとんどです。

NCAA_logo

NCAA(四年制大学)

リーグ登録条件が厳しく定められていて究極の「文武両道」が求められます。1部リーグから3部リーグで構成されており、1部リーグでは最大で全額奨学金が付与させることもあります。またプロ選手やオリンピック選手らも多数輩出しています。2部リーグも返済不要の奨学金システムが充実しています。

NAIA LOGO

NAIA(四年制大学)

NCAAの二年制大学版。四年制リーグと同様、リーグで定められている学業成績が維持できなければプレーが剥奪されてしまいます。四年制大学へ編入せずにプロチームからドラフト指名を受け、プロ契約をする選手も少なくありません。また1部リーグにおいては奨学金が付与されることもあります。

NJCAA LOGO

NJCAA(二年制大学)

NCAAの二年制大学版。四年制リーグと同様、リーグで定められている学業成績が維持できなければ試合出場の権利が剥奪されてしまいます。四年制大学へ編入せずにプロチームからドラフト指名を受け、プロ契約をする選手も少なくありません。また1部リーグにおいては奨学金が付与されることもあります。

CCCAA LOGO

CCCAA(二年制大学)

スポーツが盛んなカリフォルニア州内の大学だけで構成されているリーグです。全国から有望な選手が集まり、四年制大学以上のレベルを兼ね備えるチームもあるほど。州内外の名門校への編入率が高く、多くのプロスカウトが偵察に訪れています。

NWAC LOGO

NWAC(二年制大学)

ワシントン州とオレゴン州内の約30の二年制大学で構成されているリーグです。アメリカとカナダの国境が近く、カナダの大学も複数校参戦しています。


アメリカ大学 野球部 年間スケジュール

セメスター制(二学期)

Local schedule USACA

クオーター制(四学期)

※8月末~9月末:夏休み  12月~1月上:冬休み  3月末~4月上:春休み

アメリカ大学留学中 野球部員

1週間のスケジュール NCAA校所属 リーグ戦期間中 

よくある質問

アメリカ大学野球部

Q. 学費を含め、年間どれくらいの費用がかかりますか?
アメリカの場合は、もちろん通う大学や住む地域によって変わりますが、2年制大学であれば、学費や生活費を含めた年間費用は250万円~400万円程度、4年制大学であれば450万円~600万円程度が主流です。

Q. 英語が苦手ですが留学できますか?
一般的には英語の試験で一定の点数が出ないと大学には入学できません。NSAAでは、留学準備プログラムで英語学習を行っており、英語が苦手な学生でも基礎から指導し、数ヶ月で大学入学レベルや、大学院入学レベルの英語力を習得しています。英語が苦手な場合や、さらに英語力を上げて留学したい場合は、留学準備プログラムで留学に必要な英語力を習得してください。

Q. TOEFLの点数が取れない場合は留学できないのですか?
英語力が足りなくて大学に入学できない場合、大学所属の語学学校(ESL)に入学し、一定の英語力が認められると大学の学部の授業に参加できるようになる仕組みがあります。または、できるだけ入学基準であるTOEFLの点数が低い学校を探したり、数は少ないですがTOEFL受験が必須ではない大学もありますので、その中から大学を選ぶことが可能です。

Q. 進学先が決まるのはいつ頃ですか?
アメリカの大学の入学時期は、一般的に9月と1月です。例えば9月にアメリカの大学に入学する場合は、大学の入学願書の申込みは1月頃から5月初旬に始まり、6月初旬までにほとんどの大学が願書提出の締切りとなります。それまでに大学運動部の監督やコーチに入部を許可をもらい、大学入学に必要な英語テストで必要な点数を獲得しておく必要があります。2月下旬以降に進学先候補が決まり、その学校のTOEFL基準点突破を目指します。

Q. 大学選定(提案)はお任せできますか?
お任せください。ご希望の地域や、大学の種類、または学びたい専攻などをお伺いし、留学先としてベストと考えられる大学を推薦させていただきます。

Q. 大学からオファーがない場合はスポーツをすることができないのですか?
大学からオファーがない場合は大学の部活でスポーツを行うことができません。そのような場合は、大学に通いながら近隣のクラブチームでに参加できるようスポーツできるよう手配することができます。

Q. 自身のスポーツのレベルがそこまで高くないが留学できますか?
野球選手がアメリカに留学する場合、日本野球のレベルがアメリカのコーチ陣に高く評価を受けているため、多くの入部オファーが来る可能性は高いです。大学によってレベルも様々ですし、求められるプレースタイルも異なりますので、幅広く受け皿が用意されています。まずは、お問い合わせください。

Q. 高校の成績が良くないが留学できますか?
アメリカの大学に入学するのに、高校の成績で入学できないことはほとんどありません。TOEFLで一定の点数が取れれば大学に入学できます。

Q. 日本の大学を中退した場合でも、現地の大学に入学できますか?
できます。ただし大学の部活でスポーツをする場合は期間に制限があります。アメリカの場合は、日本の大学部活でスポーツをした期間(1年単位)とアメリカの大学部活でスポーツする期間を足して5年を越えることはできません。

Q. 自分の希望するプランと似た条件で留学している人や、していた人と話したいのですが、引き合わせてもらえますか?
もちろんです。NSAAの留学準備プログラムでは、冬休みの英語合宿の際にスポーツ留学中の先輩と留学希望の学生(後輩)を引き合わせる機会を設けます。また、学生が進学希望する大学に通っている先輩が帰国している間に、ご紹介する機会を積極的に作っています。

Q. ビザの取得は難しいんですか?
国によります。アメリカは比較的審査が厳しく、特にアメリカは大使館や領事館での対面での面接を経てビザの発給が決まります。

Q. D1, D2とかって何ですか?
アメリカには大学スポーツ協会が、NCAA、NAIA、NJCAAなど複数あります。その中で最も規模が大きいのがNCAA(全米学生スポーツ協会)です。NCAAには、1部リーグ(D1)、2部リーグ(D2)、3部リーグ(D3)の3つのレベルがあります。D1の大学でプレーすることは、スポーツの技量だけでなく、高い学業レベルも問われます。

Q. 奨学金を取るにはどうしたらいいですか?
スポーツにおける奨学金制度が最も充実しているのはアメリカです。しかし、アメリカの高校でプレー経験がない留学生にとっては、入学時に奨学金の確約を得るのは簡単ではありません。まずは入学しやすく4年制大学に比べて学業成績を残しやすい2年制大学に入学し、スポーツと学業で高い成績を残してから4年制大学編入時に奨学金獲得を目指すのが最も奨学金を取りやすい方法です。

Q. 現地でアルバイトはできますか?
留学生は原則アメリカ国内でのアルバイトは認められていません。しかし、在籍している大学のキャンパス内(食堂や図書館など)であれば最長20時間までアルバイトが可能です。しかしスポーツ留学生の日常は多忙で、成績が落ちると部活に参加できなくなりますので、スポーツ留学生はスポーツと勉学に集中するのが一般的です。

Q. 部活のレベルについていけなかった場合はどうなりますか?
試合に出ることができなくなり、ロースター(登録選手枠)から外されると退部となります。退部となっても大学に残ることはできますので、翌年のトライアウトで再度入部に挑戦することもできます。とはいえ、再度入部しロースター入りを目指すことはなかなか難しいので、退部した場合は、他の大学に編入してスポーツを続けるのが一般的です。

Q. 留学中に勉強についていけなかった場合はどうなりますか?
学業成績が悪くなり、リーグの定める条件を下回ると、部活に参加する資格を剥奪されます。スポーツのみならず学業面においても一定以上の成績を維持する必要があります。

Q. 学校で上手くいかなくなってしまった場合、転校はできますか?
できます。編入先の大学を探したり、入学手続きのサポートも行っていますので、ご相談ください。

Q. 銀行口座はどうしたらいいですか?
留学先の大学側で強制または任意加入の保険制度を設置しているのが一般的ですが、補償金額が一定額しか出ないタイプのため、多くの留学生は日本の保険会社の留学保険に加入し万が一の補償に備えます。NSAAでも留学生用の保険加入サポートを行なっています。また、スポーツ傷害や病気についてはNSAA専用トレーナーに相談することができるので安心です。

Q. クレジットカードは必要ですか?
海外は日本よりもカード社会ですので、持っていると便利です。

Q. 学費や家賃などの支払いはどの様に行うのですか?
授業料の支払いは基本的にクレジットカードで行うのが一般的です。アパートの家賃は銀行で発行される小切手(チェック)で支払いを行う場合もあるので、現地の銀行口座を開設する必要があります。留学先の学校や滞在先によって支払い方法は異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

Q. カナダの大学からアメリカの大学へと編入は可能ですか?
可能です。しかし留学先の国が変わるため、新たな学生ビザの取得が必要になります。

Q. 留学生の卒業後の進路は具体的にどのようなものがありますか?
選手としてプロリーグを目指したり、トレーナーやビジネスマンとしてプロ球団に就職したり、スポーツビジネスの分野でスポーツ用品メーカーへの就職を目指したり、大学院進学や一般企業への就職など道はさまざまです。

Q. 就職活動は、どう動いたらいいですか?
NSAAでは、就職サポートとして履歴書の作成指導や就職面接の指導を行っています。英語が堪能で、スポーツで培った人間力を持つスポーツ留学生は、企業が欲する人間的魅力を備えています。NSAAの留学中カウンセリングで自分の進路の方向性を定めて、一歩ずつ準備していきましょう。NSAAは就職時に有利なTOEICの試験会場として皆さんに受験案内も行っています。

Q. もし大学院に進みたいとなった場合のサポートもありますか?
NSAAは、適切な大学院を探したり、入学願書の作成サポートや留学中カウンセリングサポートを行います。フルサポートNSAA生が大学院に進む場合は、追加料金なしで大学学士過程中のサービスを大学院在学中も延長できます。フルサポート生ではない場合でも、同様のサポートを提供することはできますので、お問い合わせください。




大学野球留学 短期留学・セレクション

短期間で野球留学を体験

海外の大学や高校へ野球で進学を考えている学生向けに、短期で野球留学の現場を経験することができるプログラムです。学生自身が海外でもやっていけるという自信を掴んだり、入部可能な大学からオファーを獲得したりと、この短期野球留学の経験から、可能性を大きく広げることができます。

募集中プログラム

ホームステイ+大学野球留学

Home stay

【開催期間】 1週間から2カ月程度
【開催時期】 6月から8月
【対象者】  15歳以上

アメリカのファミリー宅に滞在しながら、クラブチームや民間のサマーキャンプに参加するプログラムです。

アメリカ・カナダ大学野球留学説明会

2021 aug selection baseball

【開催期間】 個別対応(随時)
【対象者】  高校、専門学校
【開催場所】 全国

アメリカ・カナダ大学野球留学無料説明会は、当社の野球留学アドバイザーがあなたの学校に訪問し、野球留学に興味や関心のある生徒・保護者のみなさんに説明する訪問型の留学説明会です。アメリカ・カナダの大学野球システムやレベル、学校生活や卒業後の進路など様々な疑問を解決する留学説明会です。まずはお気軽にお問い合わせください。

個別対応プログラム

2021 aug selection baseball

【ツアー期間】 1週間~(随時)
【ツアー対象者】高校生1年生~
【ツアー場所】 アメリカ、カナダ

オーダーメイドのスポーツ留学プランになります。スポーツのプレー体験スケジュールの手配はもちろん、ホームステイ、海外航空券・送迎の手配、プロスポーツチームの試合観戦や現地観光サポートなど、希望日程に合わせたオリジナルの短期スポーツ留学です。

プログラム実績紹介

アメリカ大学野球留学 国内セレクション2021

2021 aug selection baseball

【開催期間】 2021年8月23日(月)
【対象者】 ・2022年/23年に卒業予定の高校生
      ・高校を卒業した高卒生
      ・体育会バスケ部に所属していない大学生
【開催場所】 あきる野市民球場(東京都あきる野市)

アメリカ大学野球留学を目指す高校生や高卒生を対象に国内で行うセレクションです。現地のセレクションと同様に、個々の数値測定&試合形式で存分にアピールしていただきます。セレクション後には大学野球留学についての説明会を行い、スポーツ留学のシステムや全貌をお伝え致します。

アメリカ大学野球留学 関西セレクション2020

college_showcase_kanto

【 開 催 日】 2020.09.10(水)

アメリカ野球留学を目指す高校生や高卒生を対象に国内で行うセレクションです。現地のセレクションと同様に、ここの数値を測定&試合形式で存分に自信アピールしていただきます。セレクション後には大学野球留学についての説明会を行い、スポーツ留学のシステムや全貌をお伝え致します。

自分の今のレベルを数値で把握
試合形式で能力をアピール
大学野球留学の説明会も実施

アメリカ大学野球留学 関東セレクション2020

college_showcase_kanto

【 開 催 日】 2020.08.21(金)

アメリカ大学野球留学を目指す高校生や高卒生を対象に国内で行うセレクションです。現地のセレクションと同様に、個々の数値測定&試合形式で存分にアピールしていただきます。セレクション後には大学野球留学についての説明会を行い、スポーツ留学のシステムや全貌をお伝え致します。

自分の今のレベルを数値で把握
試合形式で能力をアピール
大学野球留学の説明会も実施

アメリカ大学野球留学 セレクションツアー2020

us.baseball.showcase2020

【 開 催 日】①2020.08.10(月)~08.18(火)②2020.09.07(月)~09.15(火)

アメリカ野球留学を目指す高校生や高卒生を対象に本場アメリカでチャンスを広げるツアーです。強豪野球部のスカウト陣が集まる合同セレクションに参加し’21年度の入部オファーを獲得します。また大学施設の見学や、大学授業を想定した英語レッスン、現役野球部コーチからの技術指導付きです!

強豪大学野球部セレクション&施設見学
大興奮のメジャーリーグ観戦
ホームステイで、アメリカ生活様式を体験

アメリカ大学野球留学 セレクションツアー2019

us.baseball.showcase2020

【 開 催 日】①8/12(月)~8/20(火)/②9/16(月)~9/24(火)

アメリカ大学へ野球留学を目指す高校生や高卒生を対象に本場アメリカでチャンスを広げる1週間のプログラムです。強豪野球部のスカウト陣が集まる合同セレクションに参加し、20年度の入部オファーを獲得します。また大学施設の見学や、大学授業を想定した英語レッスン、現役野球部コーチからの技術指導付きです!