高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

カナダ留学でCATA公認トレーナーを目指そう

カナダ大学アスレチックセラピー留学
トレーナーの資格はアメリカでしか取得できないと思っていませんか?実はカナダにも世界で認められているトレーナーの資格があります。それが、カナダ・アスレチックセラピスト協会(CATA)が認定するアスレチックセラピスト(AT)。資格を取ると、世界を舞台に働くことができます。

ATは、プロスポーツ選手、ナショナルレベルの選手の試合での迅速な応急処置でもよく知られていますが、整形外科系のケガに対しスポーツ医学のモデルを用い、アクティブなアプローチでリハビリを行います。これにより迅速な怪我の回復、再発防止、悪化の軽減、治療回数の軽減を実現させています。

教育水準が高く、最も住みやすい国の一つとして知られるカナダでグローバルトレーナーを目指しましょう。

代表的な大学での専攻学部・学科:Exercise Science, Kinesiology, Exercise Physiology, Sports Science, Exercise and Wellness

ここがオススメ 5つのポイント!

★世界で通用する国家資格の取得
CATA獲得後、NATAの資格に切替可能!
★厳選された7校のカリキュラム
少数校・少人数制で集中的に学習!
★多岐にわたる就業形態
外国人でも終了可能な現場多数!
★オリンピック3度開催のスポーツ大国
全ての競技活躍できるノウハウを学ぶ!
★高い教育水準と安全な生活環境
最も住みやすい国ランキングで毎年上位!

アスレティックセラピスト(AT)

ATは、プロスポーツ選手、ナショナルレベルの選手の試合で迅速な応急処置をすることでよく知られ、ケガ直後にできる限り早期に競技復帰させ、傷害前よりも高いパフォーマンスアップを引き出すスペシャリストです。ATは、整形外科系のケガに対しスポーツ医学のモデルを用い、アクティブなアプローチでリハビリを行います。これにより、より早いケガの回復、再発防止、悪化の軽減、治療回数の軽減を実現させています。

アスレティックセラピスト

カナダのスポーツ医学界の最前線、Canadian Athletic Therapists Association (CATA)は、カナダを拠点に活動しているATのための協会です。1965年にプロのアイスホッケーとフットボールチームで働いていたATたちの集まりによって設立され、今や2000人以上のメンバーで構成されています。

アスレチックセラピストの役割

ATには選手とのコミュニケーションだけでなく、監督やコーチ、専任の医師、選手の家族とのコミュニケーション力も求められます。選手のケガを正確に医者へ伝えるほか、選手の出場続行が危ぶまれる際は監督やコーチに現状を的確に報告し、心配する家族へ適切なフォローを行うなどあらゆる面での適応能力が求められます。

 

① PREVENTION(予防) アスレティックセラピストはアスリートへの教育、コンディショニングトレーニング、姿勢の評価、施設や用具の選別などにより、ケガの予防や発症を最小限に軽減させます。

② ASSESSMENT(評価) アスレティックセラピストはケガの種類、重症度を評価するスペシャリストです。

③ EMERGENCY & ACURE CARE(応急処置) アスレティックセラピストはケガが起きたときの救命措置、応急処置、頸椎系のケガの判断と評価、救急隊員やクリニックなどへの連絡など、ケガの状態に合わせて最適かつ迅速な対応を行います。

④ REHABILITATION(リハビリテーション) アスレティックセラピストは手技、物理療法、運動療法など様々な方法でケガにアプローチし、筋骨格系の安定性、機能性が十分に戻るようにサポートし、ケガ前の生活に戻れるように整備していきます。

⑤ RECONDITIONING(コンディショニング) アスレティックセラピストは個々に合わせたプログラムで運動を処方し、ケガの悪化や再発を防ぎます。

アスレチックセラピストはどこで働ける?

街の接骨院や、ジュニアのクラブチーム、高校や大学職員、またはオリンピックチームやプロチームまで、公認アスレティックセラピストは様々な場所で活躍しています。

・スポーツ外傷/障害クリニック
・MLB、NHL、NBAなどのプロスポーツチーム
・オリンピックやなどの国際大会、全国大会
・高校や大学の運動部やクラブチーム
・大学教員や研究者
・地方自治体や産業会社
・保険業界(スポーツ保険担当)など

留学条件

対象者 高卒生~社会人
・高校卒業見込みまたは卒業されている方
・専門学校や大学に在学されている方
・専門学校や大学、大学院を卒業されている方
・トレーナーとして活動している方など
*経験・性別不問
*スポーツ医療関連の学位保持者は単位移行あり

留学
コース

【大卒生】 3年間~

大学院に出願するには、大学の学位(学部や専攻は問わない)、GPA3.0以上に加え、必修科目を取っている必要あり。日本の大学でスポーツトレーニング関係の分野を専攻していた場合は、ある程度の単位移行が認められる。出願先の大学院によって入学条件は異なるが、最短でも1学期はカナダの大学で学士レベルの必修科目を履修する必要あり。

【高卒生】 6年間~

4年制大学の学士過程(4年間)と大学院の修士課程(2年間)の合計6年間をかけて資格を取得する。学士過程は前半の2年間を2年制大学(準学士)でクラスを履修し、3年時から4年制大学へ編入するケースも多い。

*現在の最終学歴によって留学期間は異なります

留学
場所
ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州、マニトバ州、オンタリオ州、ケベック州など
必要
英語力
IELTS 5.0 / TOEFL-iBT 80~
*必要点数は学校によって異なる
出願
期日
12月下旬 (6月スタートの場合)
*AT学部の入部可能時期は年1回のみ
*大学によって出願期日は異なる