高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

体験談

アメリカ大学野球留学 中嶋佑太朗 

留学のきっかけ

アメリカに行こうと思ったきっかけは、アメリカ留学した先輩がいて、とてもかっこいいなと憧れ、自分も先輩のようになりたいと思いアメリカに行くことを決めました。

英語学習

NSAAでの勉強はとても力になりました。自分は2月から東京に上京し授業に参加しました。楽しみでしたが英語力は0から出発で、とても不安な気持ちでした。実際に東京に行ってみると周りの人たちはとても英語力が高く自分がこの人たちに付いて行けるのかと、焦りました。しかし、熱心に指導してくれる先生たちや優しく教えてくれる周りの友達のおかげで想像以上に成長する事ができました。そして1ヶ月が経つころには、自分でも英語力が上がったなと実感しました。最初は英語が出来るようになると思っていなかったので、とても嬉しくて、もっとやる気が出てきました。NSAAでの授業も大切ですが、そえ以外の自分一人の時間もとても大切かもしれません。そこでどれだけNSAAで学習したことを復習するかによって1〜2ヶ月後が変わってくると思います。自分はこれまで、勉強は続かなかったのですが、NSAAのために東京まで出て来て、勉強をする習慣ができました。それは周りに高みを目指す仲間がいるからだと思います。勉強をやらないといけないという気持ちになりました。このような環境に身を置くことはとても良いことです。高みを目指す仲間と勉強することは大事だと思います。これはアメリカに行った時にも生きてくるでしょう。自分にとってこの4ヶ月はとても大きな力になったと思いますし東京に来てよかったです。

アメリカでの目標

アメリカでの目標は野球で結果を残して学校の方でもしっかりとGPAを高く保ち奨学金をもらうことです。そして最後は卒業式で帽子を投げれるよう頑張ります。


中嶋 佑太朗
アイオワ州 Indian Hills Community College 大学進学
アメリカ大学野球留学

関連記事