高校・大学スポーツ留学・トレーナー留学を目指す学生の、基礎英語からTOEFL対策、入部交渉、帰国生入試・就職までをサポート。お問い合わせはこちら

アメリカは言わずと知れたスポーツ先進国。スポーツ先進国の名にふさわしく、アメリカでは学生アスリート(スポーツ部に所属する学生)をサポートするための返済不要の奨学金が豊富です。 アメリカの大学は誰もが試合への出場を目指すことができる少人数ロースター制。例えば野球部では、新入部員が入ると半年程度かけて全体の部員数が40名程度に絞られ、残った部員は試合で活躍するチャンスを与えられます。また、全体練習はわずか3~4時間で終了し、後は自主練習や勉強の時間に当てられるのも特徴的。短期集中型の練習です。

多彩な奨学金制度

スポーツ先進国の名にふさわしく、アメリカではスポーツ留学生に対する返済不要の様々な形の奨学金が用意されており、スポーツ実績と学業成績に応じて奨学金が付与されます。学費全額免除の奨学金も夢ではありません。実はNSAAの学生の90%が奨学金を取得し、日本の大学と同じくらい、またはより安価な学費を支払ってアメリカの大学に通っている学生がたくさんいるのです。

例えば、勉強面で一定の成績(4段階で3.0以上)を残すことができれば、通常留学生に課される費用(Out-of-state Fee)が免除されることが多く、年間最大15,000ドル(約180万円)もの勉強面での奨学金を得ることができます。さらに4段階で3.5以上であれば、成績優秀者のためのファンドが奨学金を提供してくれることもあります。さらにスポーツで目立った成績が残すことができれば、返済不要の奨学金に加え、練習着やユニフォーム代、部費や遠征費、寮費なども大学が負担をしてくれます。

 

奨学金獲得一覧

 

文武両道という教育理念

「学生」は「職業」であるという教育理念の下、アメリカの大学ではアスリートといえども学問を疎かにすることは許されていません。たとえ将来メジャーリーグ入団を期待された有望な選手であっても、学業成績が下がると試合や練習に参加させてもらえないこともあります。成績が下がると部活ができないので、アスリートは学業成績とスポーツ実績の両方を残すことが要求されるのです。アスリートとしての人生を終えた後も安定したキャリアを築いていく準備をするのが教育機関であるという教育理念があるのです。

 

編入システム

アメリカには2年制大学と4年制大学がありますが、2年制大学から4年制大学へ、または2年制大学の間や4年制大学の間での編入システムが確立されています。プレイ環境が想像と違っていたり、将来目指していたキャリアが変わった場合など、より望ましい大学に編入することができます。

NSAAでは、まずは2年制大学に入学して学業・スポーツで良い成績を残し、卒業後に4年制大学の3年生に編入することをお勧めしています。なぜなら、より奨学金を手にする確率が高まるからです。4年制大学に直接入学する場合に奨学金が取るのはとても難しいのですが、2年制大学でスポーツと学業の成績を修めると、それが評価されて4年制大学編入時に奨学金の対象になりやすくなります。このような奨学金によって日本の大学よりも安くアメリカの大学に通っている学生もたくさんいるのです。

2年制大学おすすめの理由

①入学基準が緩やかなので入学しやすい。
②小規模クラスなので生活や英語に徐々に慣れることができる。
③4年制大学に比べ学費を20%〜50%軽減できる。
④4年制大学編入時に奨学金を獲得する可能性が高まる。

アメリカの大学の種類

2年制大学 4年制大学
私立

ジュニアカレッジ

日本の短大と類似。寮などの施設も完備されている伝統ある大学が多く、少人数制でしっかりと勉強を見てくれるサポート体制あり。卒業後4年制大学に編入する学生も多数。

リベラルアーツ・カレッジ

1クラスの人数が15人前後と少ない上、教授は研究よりも教えることに力を注いでいる。主に一般教養を学ぶ場所。

公立

コミュニティーカレッジ

地域密着型の大学。留学生にとっては入学しやすく授業料もジュニアカレッジや4年制大学に比べると格段に安い。日本人の多くが進学。

総合大学

内部にカレッジとユニバーシティーの2つを備える。ユニバーシティーは博士号まで備えており、多彩な専攻分野を提供。カレッジは比較的小規模で学部生と大学院教育に重点を置いている。

 

日|アメリカの費用比較

     
       
大学
       
合計内訳
入学金授業料住居・食費施設使用その他
日本の大学
(自宅外)
私立K大3,090,000200,000880,0001,750,000200,00060,000
私立W大3,040,000200,000960,0001,800,00050,00030,000
2年制大学
コミュニティー
カレッジ
(公立)
2,505,0000825,0001,530,000100,00050,000
ジュニア
カレッジ
(私立)
3,200,00001,500,0001,530,00070,000100,000
4年制大学リベラルアーツ
(教養教育)
8,040,00006,000,0002,020,00040,000100.000
総合大学
(公立)
4,670,00002,800,0001,670,000100,000100,000
6,140,00004,090,0001,850,000100,000100,000

※金額は円換算で統一しています。

住居環境

多くの大学がキャンパス内に学生寮を備えており、寮に住むことは一般的です。寮は2名でのルームシェアになることが多いです。アパートやシェアハウスに住んだりホームステイを選ぶこともでき、選択肢は多彩です。

入学するには

アメリカの大学に入学するには日本のような「入学試験」はありません。入学願書と一緒に3つの書類を提出し、それが審査され合否が決定します。

提出書類

①高校・大学での成績証明書(英文)
②自己紹介や留学の動機などを書いたエッセイ
③TOEFLなどの英語力を証明するスコア

入学に必要なTOEFLスコアの目安

       2年制大学4年制大学大学院
TOEFL iBT
インターネット
利用試験
45 - 78 79 - 100101 - 120
TOEFL PBT
紙上試験
450 - 540541 - 605605 - 677
TOEFL CBT
コンピュータ
利用試験
133 - 210213 - 250263 - 300
英検準2級
・2級
準1級1級

入学の時期:9月または1月

アメリカの大学は、9月(または8月下旬)から翌年5月中旬までを1学年と捉え、6-8月は夏休みまたは夏学期となります。多くの大学がこの1学年を2期に分けるセメスター制をとっていますが、4期に分けるクォーター制をとっている学校も少数あります。各学期が終了するとコースが終了し、成績がついて単位を取得します。入学時期は1学年が始まる8月下旬か、セメスター制の場合には2学期が始まる1月となり、年に2回入学のチャンスがあります。

渡航から帰国まで

Local schedule USACA最初にアメリカの2年制大学に入学する場合、2年が終了した後、4年制の3年に編入